治療方針

HOME > 治療方針 > 治療方針
  • 若葉

    日本人の約半数は、何かしらの「痔の症状」を経験しています。
    場所が場所なだけに、この病気の場合、生活上の不便さ、心理的な苦痛、 身体的な苦痛を長い間がまんされてる方も多いようです。
    しかし、痔は癌などと異なり良性の病気なので、すぐに手術が必要となる病気ではありません。
    日常生活の工夫や坐剤、軟膏等の使用により手術をしないで治癒もしくは改善する場合が多く、早めに治療されることをお勧めします。

  • 1

    痔は良性疾患なので、まず、保存的(薬を使って)に経過を見ます。
    早く手術をしなければいけない病気ではありません。

  • 2

    薬で症状がなくなる、もしくは、日常生活に何ら支障のない状態であれば、日常の注意点に気をつけ、薬でその状態を保つよう指導いたします。

  • 3

    保存的な治療で良くならない痔については、色々な治療法があり、一人ひとりに合った治療法を提案させていただきます。

  • 4

    肛門出血や、便通異常を感じる方には、大腸の疾患が隠れていないかを考えながらの治療、検査を心がけております。
    ※土曜日以外は、ほぼ毎日大腸内視鏡検査を行っています。(予約制)

  • 5

    最新の治療法に対応できるように心がけております。
    (最新の内痔核の治療法であるジオン注を積極的に行っております。)